治療方法 器具・装置

腹腔鏡下手術に用いる装置・器具等

 

腹腔鏡(硬性鏡)

腹腔内を拡大して観察できる。10mm径が主だが細径化
(2〜3mm)が図られている

 

気腹装置

腹腔をガス(CO2)で満たすための装置。
自動気腹圧調節機構により一定圧のガスを供給する

 

光源

ハロゲンランプから光ファイバーで腹腔内を照らす。
自動光量調節装置により映像の明るさを一定に保つことができる

 

カメラ・ビデオ装置

CCDカメラによる鮮明なモニター画面をレコーダーで保存する

 

トラカール

鉗子類挿入のための管状のルート。5〜10mm径が主だが
細径(2〜3mm)も使用される

 

電気メス・レーザー

腹腔内の切開や凝固、止血に用いられる

 

ハーモニックスカルペル

超音波メスで切開・切断・止血に用いられる

 

鉗子類

操作鉗子、自動縫合器、持針器、組織回収用バック等、腹腔鏡下手術専用のもの

 

腹腔鏡下手術