女性のトラブル

卵巣嚢腫

卵巣嚢腫とは 病理 治療方法 卵巣奇形腫

卵巣奇形腫

手塚治虫氏の医療を題材とした「ブラックジャック」にピノコというキャラクターがでてきます。卵巣奇形腫の手術をしたブラックジャックが腫瘍の部分・部分をつなぎ合わせてピノコを作った設定になっています。実際にはヒトをつくることはできませんが、奇形腫には皮膚、骨、歯、目、髪など様々な組織が含まれています。なぜできるか不思議に思いませんか。詳しい説明は抜きにして、卵巣の中にある、卵子がかってに分裂して様々な組織を発生させるのです。医学的には単為発生といいます。
卵巣奇形腫はけっして稀なものではありません。今日の手術も腹腔鏡下に奇形腫を摘出するものでした。奇形腫で思い出すのは、私が研修医の時、病棟医長の水口先生が奇形腫は卵巣摘出でなく、卵巣を残し、温存する核出手術をすべきだと指導くださったことです。その後30年以上その教えを守り、後輩にも指導しています。医学も日進月歩で、私が一つ付け加えたのは、腹腔鏡下手術ですべきだということです。日本産科婦人科内視鏡学会の理事長という立場にもあり、腹腔鏡の普及には努めておりますが、まだ道半ばという感もあります。
卵巣奇形腫などの良性卵巣腫瘍には卵巣を温存する核出手術を腹腔鏡下におこなうことができるということを記憶にとどめ、なにかの節にはご友人にもお教え頂き、腹腔鏡下手術の普及にご協力頂ければ幸いです。 (提供 堤 治)

TOPに戻る